2015年08月28日

出力サンプル

3Dプリンタでの出力サンプルです。
非常に高精細に仕上がっています。

使用ソフト:Simplify3D 3.0.1
Layer Hight:0.3
大きさ:60%
造形時間:合計17時間24分

写真 2015-08-28 17 12 29.jpg
写真 2015-08-28 21 41 30.jpg

写真 2015-08-28 21 41 53.jpg
Ford Engine Block (simplified)
http://www.thingiverse.com/thing:40658
posted by takashi at 23:24| 3Dプリンタ

2015年08月15日

フィラメントホルダー

3Dプリンタ用の特殊なフィラメントはリールに巻かれず提供されることがあります。
そのままでも使えないこともないのですが、石膏などの強度がやや低いフィラメントでは造形途中で絡まったり切れたりすることがあります。
 その時にはフィラメントホルダーを使うとフィラメントがきちんと送り出せます。
フィラメントホルダーも3Dプリンタで造形可能ですので、特殊なフィラメントを使用される方はいくつか造形しておくと便利かもしれません。

使用ソフト:Simplify3D 3.0.1
Layer Hight:0.3
造形時間:合計8時間30分

写真 2015-08-15 18 56 20.jpg


Heavy duty printable filament spool
http://www.thingiverse.com/thing:10219
posted by takashi at 19:04| 3Dプリンタ

2015年08月14日

Overhang Test

FDM方式の3Dプリンタでは造形する物によってサポート材が必要になります。
サポート材を減らすことにより造形時間や材料だけではなく、取り外すときの時間も節約することが出来ます。
基本性能を再確認するために、当方で所有しているプリンタの性能テストとしてオーバーハングテストをしてみました。
FDM方式では限界もありますが、オーバーハング角が大きな物もサポート材を使用せずに造形できれば便利です。

写真ではわかりにくいですが45度までは問題ありません。
工業製品など、角度がしっかりと取れている物は45度以上で、また、臓器模型など柔らかな曲線の物については60-65度以上でサポート材を検討するのが良さそうです。


使用ソフト:Simplify3D 3.0.1
Layer Hight:0.3


Massive Overhang Test
http://www.thingiverse.com/thing:40382

3Dプリンタ オーバーハングテスト 002.JPG

3Dプリンタ オーバーハングテスト 004.JPG
posted by takashi at 08:28| 日記