2015年03月17日

OctoPrintのエラー その3

シリアルポートの接続が切れることがあったRaspberryPiですが、下記のページを参考にして設定を変更しました。

具体的にはSSHで接続しコンソールから下のコマンドを入力しconfig.txtに追記をしています。
USBポートに3Dプリンタ、wifi、webカメラ、キーボードを接続していますが、現在のところ非常に安定しています。


sudo bash
nano /boot/config.txt

追記
safe_mode_gpio=4
max_usb_current=1

参考サイト
Raspberry Pi Model B+のUSBポートに1.2Aの電力を供給する
http://akkiesoft.hatenablog.jp/entry/20140727/1406443999
タグ:TIPS octoprint
posted by takashi at 23:35| 3Dプリンタ

OctoPrintのエラー その2

Raspberry PiにつないでいるUSB機器が多いとエラーが出るようです。
Raspberry Pi ModelAではUSBポートが2つしかありませんので、3Dプリンタ、Webカメラ、キーボード、無線LANを接続する時はバスパワーのUSBハブ介してを接続していました。
Raspberry Pi ModelB+ではUSBポートが4つあるのでそれらを全て本体に接続しています。
その場合、エラーが確実に出現します。
そこで3Dプリンタだけにしてみるとシリアルエラーが出ません。
一つずつUSB機器の接続を増やしながら確認したところ、3Dプリンタ、無線LAN、キーボードを接続した時点でシリアルエラーが出現します。
 3Dプリンタのコントロール用に使っているArduinoのボードへの供給電力不足が原因と考えました。
 調べたところPaspberry PiのUSB電力の供給力が低く、電力アップの方法もいくつか検討されています。
設定を変更、確認後に追加の報告をさせていただきます。

Raspberry Pi Model B+のUSBポートに1.2Aの電力を供給する
http://akkiesoft.hatenablog.jp/entry/20140727/1406443999

RaspberryPiのUSB電源安定化について
http://hanpakousaku.tumblr.com/post/105765344688/raspberrypi-usb
タグ:TIPS octoprint
posted by takashi at 20:00| 3Dプリンタ

2015年03月16日

OctoPrintのエラー その1

3DプリンタをRaspberry Piでコントロールする「OctoPrint」と言うソフトがあります。
Raspberry Pi ModelA で動かしていたのですが、WifiやWebカメラなどを追加したく、Raspberry Pi ModelB+にインストールしました。
 するとシリアル周りで不可解なエラーが出現しました。

Error: SerialException: 'device reports readiness to read but returned no data (device disconnected or multiple access on port?)' @ comm.py:_readline:

 調べたのですがこれと言った解決方法は見つからず、Raspberry Pi ModelAにOctoPrintをインストールしたMicroSDをRaspberry Pi ModelB+に入れたところ何事も無く動作しています。
 もう少し様子を見る必要がありますが、原因がわかり次第また報告をさせていただきます。
タグ:octoprint
posted by takashi at 23:07| 3Dプリンタ