2015年02月26日

その後の電圧調整

昨日調整したTMC2100の電圧ですが、熱暴走の可能性を考えると低いに超したことはありません。
出力しながら少しずつ電圧を下げて、現在は以下の設定になっています。
テストプリントだけですので、複雑な形態を長時間運用した場合の確認は必要です。

X軸:1.0V -> 1.0V
Y軸:1.4V -> 1.2V (デュアルモータです)
Z軸:1.2V -> 1.0V

に下げました。
タグ:TIPS
posted by takashi at 23:44| 3Dプリンタ

2015年02月25日

脱調の原因は熱暴走?

昨日弊社の3Dプリンタのドライバチップを交換しました。
静音化ができると話題になっているTMC2100です。

調整前なので当たり前ですが脱調が起きています。
カタカタと聞き覚えのある音がしてY軸方向がずれます。
よく観察すると、ベルトがずれているわけでも無く一時的に止まっています。

この場合は、ドライバチップの熱暴走の可能性が高いです。

空冷してはいますが、触ると熱い。

と言うわけで、電圧を下げたところ快調です。

電圧が足りないと、トルク不足で脱調しますし、高すぎても熱暴走で脱調します。

調整は楽しい物ですが、なかなか大変です。

ちなみに当方の電圧ですが
X軸:1.0V
Y軸:1.4V(デュアルモータです)
Z軸:1.2V
で安定しています。
それでも少しチップが熱を持っているのでもう少し下げたいと思っています。
タグ:TIPS
posted by takashi at 23:56| 3Dプリンタ

ドライバーチップをTMC2100に交換しました。

弊社の3Dプリンタですが、静かになると噂のドライバーチップに交換しました。
劇的に静かです。
電源として使っているパソコン用の静音電源のファンが気になるほどの静かさです。
テストプリントでは脱調が起きたので本日はトリム調整が必要ですね。

夜間の運用はうるさいので控えていたのですが、これからは運用時間も延ばせそうです。
posted by takashi at 10:29| 3Dプリンタ